So-net無料ブログ作成
再掲載 ブログトップ

沖縄戦で知らなかったこと② 「日本軍はもう戦力がなかったので、わずかな兵と武器で沖縄戦を戦ったんだよね?」=> 違います [再掲載]

50924374_2437900409617582_4821826982830407680_n.jpg


沖縄戦で知らなかったこと②

「日本軍はもう戦力がなかったので、わずかな兵と武器で沖縄戦を戦ったんだよね?」

違います=>戦力はありましたが、

日本軍は沖縄に大きな戦力を投入しなかったのです。

えーーーそうのなの???なんで?

「沖縄戦 ドキュメンタリー」で描きます。

今秋、沖縄で完成披露試写会を準備中とのこと。

ぜひ、沖縄の皆さんに見て頂きたい。



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

沖縄戦で知らなかったこと③ 「アメリカ軍は多くの兵と多くの武器で日本兵を攻撃。余裕で勝利したんだよね?」 違います=>アメリカ兵も数多く戦死 [再掲載]

51335002_2446357638771859_8369976586488774656_n.jpg

沖縄戦で知らなかったこと③

「アメリカ軍は多くの兵と多くの武器で日本兵を攻撃。余裕で勝利したんだよね?」

違います=>アメリカ兵も数多く戦死しており、様々な犠牲を出しています。

えーーそうなの?

犠牲になったのは日本人だけじゃないの?

「沖縄戦ドキュメンタリー」でその辺も描きます。

今秋、沖縄で完成披露試写会を準備中とのこと。

ぜひ、沖縄の皆さんに見て頂きたい。




nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

沖縄戦で知らなかったこと① 「沖縄戦って、住民がアメリカ兵に酷目に遭わされた戦争だったんだよね?」 <=それだけではありません [再掲載]

51754593_2459414934132796_8321428415068504064_n.jpg


沖縄戦で知らなかったこと①

「沖縄戦って、住民がアメリカ兵に酷目に遭わされた戦争だったんだよね?」

それだけではありません=>「日本兵にも沖縄住民は酷いことをされています」

知らなかった。。。

「沖縄戦ドキュメンタリー」で描きます。


今秋、沖縄で完成披露試写会を準備中とのこと。

ぜひ、沖縄の皆さんに見て頂きたい。




nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

沖縄基地問題。現地の方が教えてくれた =ビックリ! 日本人は皆、騙されている? [再掲載]

60247112_2663680493706238_5054385236977123328_n.jpg

沖縄基地問題。現地でいろんな方が教えてくれた
=ビックリ! 日本人は皆、騙されている?

「ドキュメンタリー沖縄戦」取材。現地で聞いた話。知らなかったことがたくさんあった。基地問題にしても、沖縄の人たちは「アメリカに対して怒っているのだ」と思っていたが、「むしろ日本政府に対して」という人が多かった。なぜか? いろんな人に話を聞いて答えが見えた。

当初、僕は「アメリカが戦後70年が経つのに、今も沖縄に居座って基地を置いているのだ」と思っていた。多くの国から米軍はすでに退去している。フィリピンからでさえそうだ。戦争状態が続いている韓国は別のとして、日本からなぜ米軍は撤退せず、沖縄の人たちを悲しませるのか?

聞くと、アメリカが居座りたいというより、日本政府が「いてくれ!行かないでくれ」と引き留めている側面が強いという。そのことで既得権益がある人、組織があるからだ。つまり、米軍がいることで儲かる、得する人たちがいるから。そのために思いやり予算まで出して引き留めている。それをなるべく知られないようにする。

「米軍が居座るのだから、仕方がない...」

と誤解されるようにしているという。でも、本当は「日本で得する人たちのため」だという。でも、こういう人もいるだろう。

「北朝鮮が攻めて来るかも。その時に沖縄に基地がないと大変なことなる。それ以前にも抑止力になっている!」

僕もそう思っていた。だから、基地は問題だが仕方がない。ある地元の方が解説してくれた。

60577776_2681611441913143_1643484100696211456_n.jpg

「沖縄にいる米軍の多くは海兵隊です。ノルマンディ上陸作戦や沖縄戦で切り込み部隊として働いた。でも、時代は変わり、今はあんな上陸作戦はしない。兵士がたくさん死ぬ。今はまず空爆。徹底して爆弾を落とす。

反撃できないように叩いたあと上陸するので、海兵隊は必要ない。彼らは近年、米国内でも仕事がなく災害時の活動をする程度。と言ってリストラもできない。それを日本政府が莫大な予算を出してくれる沖縄に置いておけばいい。大助かり。それが本当の基地の構図。

戦争になっても海兵隊が出撃することはない。また、彼らは切り込み部隊。敵の攻撃を防ぐ役割ではない。北朝鮮や中国に攻められても役に立たない。話題のオスプレーも運搬用。戦闘用ではない。攻撃にも弱い(攻撃されなくても、すぐ墜落する...)

おまけにオスプレーを運ぶ軍艦は長崎にあり、沖縄まで移動するのに1週間かかる。攻撃されてから移動したのでは間に合わない。つまり沖縄の米軍は防衛にも、抑止力にもなってないんだよ」

そんな風に教えてくれたのが、先に選挙で当選した屋良さんだった。つまり、米軍にとってはお荷物である海兵隊の面倒を日本がみてくれる。日本側も基地があることで、あれこれ得をする人たち=企業、政治家がいる。

「抑止力のためだから基地は仕方ない....」

と国民には思わせておく。沖縄の人たちが困っても、被害を受けても「仕方ない...」と考えさせる。マスコミもその辺を詳しく報道せず、さらに本土の人は「可愛そうだけど仕方ない...」と諦める構図が作られている。それが基地問題の本質だと教わった。

沖縄戦V.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

日本人はなぜ太平洋戦争に詳しくないか? =なぜ、学校でしっかりと教えないのか? [再掲載]

105-22-4.jpg


日本人はなぜ太平洋戦争に詳しくないか? =なぜ、学校でしっかりと教えないのか?

小、中、高校と12年もの間に「日本史」を何度も勉強する。なのに、多くの日本人は太平洋戦争について詳しく知らない。一つには縄文時代から始まって鎌倉、室町、江戸、明治と昭和に辿り着くまでに3学期が来てしまい、太平洋戦争はバタバタと駆け足で教えられるか? それ以前で終了ということが多いから。

それでも僕が子供の頃は、夏になると東京大空襲や原爆を題材にしたスペシャルドラマが放送されたり、人気ドラマ(「どてらい男」とか、「怪奇大作戦」等)でも戦争を扱う話があり、当時、テレビで放映された映画「悪名」シリーズ「兵隊やくざ」(共に勝新太郎が主演)でも戦争がリアルに描かれており、大変な事態であったことは子供心に感じていた。

しかし、なぜ、日本は戦争をすることになったのか?というと、その辺を描くドラマも映画も思い出せない。当時、公開された「連合艦隊」「大日本帝国」太平洋戦争ではないが「203高地」「黒い雨」「八月の狂想曲」1980年代に入ってから公開された戦争映画でも、日本側の被害は描くが、戦争が始まったきっかけは描かず。また、加害者としての日本も描かれることはほぼなかった。(数少ないその手の作品に「戦争と人間」「人間の条件」等がある)

その後、訪れたベトナム映画ブーム。「地獄の黙示録」「ディアハンター」「プラトーン」「カジュアリティーズ」と高額の製作費を使ったアメリカ映画も、同じ。アメリカ兵が悲惨な目に遭う物語が中心。そもそもベトナムに乗り込んだのはアメリカ側だろ? 攻めておいて反撃されて「こんな酷目に遭った〜」と訴えているように思えた。

日米共通だ。加害者としては描かず、被害者として見せる。そのために子供の頃は「日本はアメリカに攻撃されて酷い目に遭った」のだと思っていた。が、考えたら「トラトラトラ」という映画がある。その映画では、日本が先に攻撃していた。ミスとは言え宣戦布告なしで。

しかし、歴史の授業ではABCD包囲網により、資源の確保ができなくなったので、戦争を始めるしかなかったという風に学ぶ。そしてテレビで流れる特集を見ると「戦争をしてはいけない」「あの悪夢を繰り返してはいけない」と必ずまとめる。意味が分からない。被害の大きさばかりを見つめて、戦争はいけないというのなら、なぜ、戦争を始めたか?せざるをえなかったか?の検証をなぜしない。長年そう思えていた。

そのこと。のちに勉強した。太平洋戦争を知るためには日露戦争まで遡らなければならない。そして、きっかけは満州国。長くなったので、簡単に書くが、日本は戦争に巻き込まれたのではなく、戦争するしかなかったのでもなく、日本が自ら戦争を始めたということ。その目的は侵略であったということ。それもアメリカが戦争を起こす時と同じ「敵に攻撃された」とフェイクニュースを流して戦闘を始めている。

なるほど、授業で教えられないわな?その辺を教えないから(教えられないから?)「戦争はいけない」と言いながら「なぜ、戦争を始めたか?」を正確に教えられず。「仕方なかった」というような説明をするのだろう。だから、多くの日本人は太平洋戦争がよく分からない。あ、これって原発事故や123便墜落事故と同じ構図? いずれも政府が利益のために無茶して、それを隠そうとしたもの。

今また太平洋戦争前と同じ手法で日本人の思想コントロールをし、戦争に向かわせようとしている人たちがいる。私たちはどうすればいいのか? まずは歴史を正確に知ることではないか?

特報=> https://youtu.be/Wv5MK0fRauI


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「ドキュメンタリー沖縄戦」を楽しみにしてくれている皆様へ [再掲載]

61559191_2718698541537766_7571519969771388928_n.jpg

「ドキュメンタリー沖縄戦」を楽しみにしてくれている皆様へ

 いつも、このブログを読んでくれて感謝。作品は今年3月に完成しているが、未だに上映準備が進んでいない。特に圧力がかかっていると言う訳ではないが、色々あって止まっている。

 問題を解決。まずは、沖縄で完成披露試写会を計画。うまくいけばこの秋。それが実現できるように頑張っている。

 すでに沖縄取材のエピソードは記事にしているが、上映が決まれば、沖縄戦に関することを詳しく書いていきたい。それまでは、あれこれ別の話も書いて行く。

 戦後の全ては沖縄戦と関連しており、それらを見つめることで日本という国が見えてくる。上映に関しては決まり次第。また、このブログ上で発表させてもらう。


 沖縄戦.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「ドキュメンタリー沖縄戦」を楽しみにしてくれている皆様へ [再掲載]

61559191_2718698541537766_7571519969771388928_n.jpg

「ドキュメンタリー沖縄戦」を楽しみにしてくれている皆様へ

 いつも、このブログを読んでくれて感謝。作品は今年3月に完成しているが、未だに上映準備が進んでいない。特に圧力がかかっていると言う訳ではないが、色々あって止まっている。

 問題を解決。まずは、沖縄で完成披露試写会を計画。うまくいけばこの秋。それが実現できるように頑張っている。

 すでに沖縄取材のエピソードは記事にしているが、上映が決まれば、沖縄戦に関することを詳しく書いていきたい。それまでは、あれこれ別の話も書いて行く

 戦後の全ては沖縄戦と関連しており、それらを見つめることで日本という国が見えてくる。上映に関しては決まり次第。また、このブログ上で発表させてもらう。


 沖縄戦.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

沖縄戦を見つめると、現代の日本。未来の日本が見えてくる?=米軍の上陸作戦。実は***の建設が目的だった? [再掲載]

49829550_2389808657760091_4539692062919884800_n.jpg

沖縄戦を見つめると、現代の日本。未来の日本が見えてくる?

今回は沖縄戦を描くドキュメンタリー。取材前に勉強を始めると、いろんなことに気づいた。まず、なぜ、沖縄にあんなに米軍基地があるのか? ご存知の通り、太平洋戦争で日本が負けたからだ。興味深いのは、当時の米軍は日本軍壊滅のためというより、基地建設のために上陸作戦を立案している。

米軍が沖縄本島に上陸した地点は北谷、読谷村。島の西側である。そこから近い場所にあるのが、読谷村飛行場。それを奪うことが一番の目的だった。その飛行場がある場所こそが、現在の嘉手納基地である。太平洋戦争時に奪い、占拠したその飛行場に今も米軍は居座り、基地として使用しているのだ。

なぜ、飛行場を一番に狙ったか? それは米軍の目的が最初から日本本土を攻撃するための前線基地を沖縄に作るためだからだ。そんな風に沖縄戦を勉強していくと、単なる過去の出来事ではなく、現在に繋がり。さらには米軍の思惑。日本政府の考えも見えてくる。

日米地位協定、日米安保条約、日米合同委員会、と、そこからいろんなことが始まったこともわかってくる。その意味で沖縄戦を見つめることは歴史の勉強だけでなく、今の日本を、未来の日本を知ることにも繋がる。


沖縄戦ビジュアル3.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

すぐに「それって陰謀論だよ。現実はそうじゃない」と言う人。政府や企業は喜んでいるかもね? [再掲載]

57467887_2606864649387823_4221196624191291392_n.jpg

すぐに「それって陰謀論だよ。現実はそうじゃない」と言う人。政府や企業は喜んでいるかもね?

日航の123便墜落事故の本を読んだ。本当によく調べている。と言っても著者は元CAで記者でも、刑事でもない。それでもそこまで調べられること。励まされるものがある。僕も昔は、報道を見て疑問に思ってもこう考えた。

「記者でもないし、刑事でもないし調べようないからな」

実際、刑事でも記者でもない人間が関係者に質問をしても「あんた誰?」と言われるのは目に見えている。ドラマ「相棒」の右京さんは「警視庁特命課」と名乗るので、関係者はあれこれ説明してくれるのだ。が、そうでもなかった。聞き込みをしなくとも調査はできる。いろんな新聞記事で読み比べることでも、いろんなことが分かる。

原発事故の取材も新聞記事を読むところからスタートした。その後、あれこれ調べて、とんでもない事実が見えてくるのだが、刑事や記者でなくても真相に近づくことはできる。過去の仕事でも、実際にあった誘拐監禁事件を取材した際には、マスコミで報道されていない事実を突き止めたりした。

話を戻す。そんな123便事件。先の本では自衛隊と政府の関与ー「これが真相ではないか?」と断言はしないが匂わせている。それをネットで検索してみると「トンデモ説」と指摘する記事をいくつか見つけた。共通点は決して真摯に批判し、論理的に否定するのではなく上から目線でバカにする。あるいは「陰謀論」というレッテルを貼り、鼻で笑う。僕の友人にも何かと言うと「陰謀論だね〜」という奴がいる。その背景にあるのは

「スパイや謀略というのはハリウッド映画だけの話だよ」

という発想。実際、裏がないのにあれこれ陰謀が蠢いているようなことを発信するTwitterもあるが、あれこれ勉強すると、映画のようなことは現実に存在する。原発事故を調べた時も、電力会社があんなことをやっていたなんて全く知らなかったし、電子ちゃんが連呼する

「電気を大切にね」

のCMの裏にあんなことが隠されていたのも想像もしなかった。まさか電力会社があそこまで....と感じたのだが、それは単に僕が世間の表しか知らなかっただけであり、映画や漫画で見た陰謀が一般社会でも存在することを想像できなかっただけなのだ。同じように何かにつけ陰謀論と決めつける友人も、経験値にないことにリアリティを持てず、映画で見た事件と同じなので、現実ではないと解釈しているだけなのだ。

その「陰謀論」を英語でいうと「Conspiracy」。それはCIAが作った言葉だそうだ。つまり、本当に陰謀を画策している情報機関が作り出し流通させる。もし、自分たちの陰謀が漏れても、市民は

「それって陰謀論だよ。ハリウッド映画の世界だね」

と解釈して「あり得ない〜」と思ってくれる。それが目的なのだ。実にうまい作戦。その意味で僕の友人はまんまと乗せられているということだろう。もちろん、事実をおもしろ可笑しく脚色して

「宇宙人の仕業だ」「宗教団体が背後にいる」

ということを発信するゴシップ誌やネット情報もある。が、取材をしないまでも、その記事を読めばある程度は真偽が見える。根拠となるものが一次情報か?二次情報化か?

つまり、実在の人物に聞いた情報か?それとも「業界の事情通によると」というスポーツ新聞等がよく使う手か?(どこの誰だか分からない人の証言)それだけでも信頼性があるか?どうか?判断できる。ニュースソースがどこか? 記述が詳しいか?も決め手になる。

そして大切なのは「整合性」だ。さらにこれは誰でも分かる。ミステリーと同じ。その事件で誰が一番得をしたか? 動機は何か? それを考えるだけでも、いろんなことが分かる。その意味で123便墜落事故は数々の疑問があり、矛盾点がある。そこに単なる事故ではなく事件である可能性を強く感じる。

政府や企業は本当のことを言わない。体に悪い成分が入ってもて「健康にいい」と売るのが企業。「国民に寄り添い」と言いながら、踏みつけ自分たちの利益を優先するのが政府である。そんな連中にとって「陰謀論」とは実にありがたい言葉なのだ。

「裏なんてないよ。ハリウッド映画とは違う。現実は地味なもんだよ」

そう思い込んでいる日本人はとても多い。今も

「日本は戦争しないよ。9条があるからね〜」

という人もいる。集団的自衛権が強行裁決されても、戦争しないと信じている人がいる。それは思考停止状態。想像力がないか? 情報を理解する力がないか? その情報自体を得てない人なのではないか?

ぜひ、報道で疑問を感じたら調べてみてほしい。今の時代は簡単だ。ニュースを見てあれ?と思ったら、ネットで検索してほしい。いろんな意見を読み比べてほしい。そこから真実が見えてくるはずだ。


沖縄戦V.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画
再掲載 ブログトップ