So-net無料ブログ作成

「日本人はバカじゃない。優秀な民族です」=正解。でも、それが教育で歪められ考える力のない集まりになったんだよ! [MyOpinion]

IMG_4585.jpg

「日本人はバカじゃない。優秀な民族です」=正解。でも、それが教育で歪められ考える力のない集まりになったんだよ!

日本人は「考える力」がないと書くと必ず「そんな訳ねえよ。みんな考えているよ。バカじゃないか?」というコメントが来ることがある。が、そんな人こそが「考える力」がない見本だ。後輩にもいる。

「ちゃんと考えてますよ。考えないなんてことあり得ませんから。今日の昼は何を食べようか? 仕事終わったらTSUTAYAで何の映画のDVDを借りて帰ろうか? 色々考えています。今の会社も業績良くないし、転職してもいい仕事に就けるかどうか分からないし、そんなことも考えるけど、考えても無駄だから考えないだけです。そもそも日本人はバカじゃない。優秀な民族ですから皆、考えていますよ」

そう言われたが、その言葉に全ての答えがある。まず、昼に何食べる。DVD何借りるというのは「考える力」に入らない。それは思考をしているという状態を言っているだけ。正確に言えば「考える力」というのは「想像する」「推理する」「分析する」「仮定する」「裏を考える」「動機を考える」「整合性を考える」「合理性を考える」「多角的に考える」ということを言っている。

いくら「考える力」がないと言ってもランチ何食べるか?を考えていないという意味ではない。また、後輩は仕事について考えているというが、それは悩んでいるに等しい。「このまま続けたら長時間労働。給料安い。転職しても似たような仕事かもしれない。今より酷いかもしれない」これは考えているのではなく、悩んでいるという状態。

僕も学生時代に経験があるが「何でこんな勉強しなきゃいけないんだ。意味ないだろう?」と考えた。誰しも一度は考えたはず。でも、教師、親、大人、同級生は口を揃えていう。

「そんなこと考えても何も変わらない。落ちこぼれるだけ。今はあれこれ考えずに、一生懸命勉強して成績を上げることだけを考えろ」

そうして多くの子供は「そうだ。考えても仕方がない。悩んでいても成績は上がらない 」そうやって考えるという行為をしなくなる。会社員になっても同じだろう。「この仕事の意味は?目的は?」と考えると何もできなくなる。上からの指示にはあれこれ疑問を持たずにやる。つまり、多くの日本人は困難にぶつかった時、一応あれこれ悩むが最終的に考えるのを止める。

後輩はまさにそれ。仕事について悩むが結局、考えるのを止めている。それこそが教育の成果。考えないということが刷り込まれているのだ。ただ、後輩の指摘には正しい部分もある。日本人はバカではない。優秀な民族だ。でも、深く考えない教育をされているので、考える力が育ってないだけなのだ。支配者層により与えられたことを疑わずにこなす優秀なサラリーマン育成教育を受けさされ、同時にテレビによって考える力が育たない環境が作られ、誘導しやすい国民として育てられたのである。どうすればいいのか?


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「過去を振り返らず、前向きに生きること!」は間違っている!?(終)ーだから日本は戦争が出来るようになった。 [MyOpinion]

72111861_3087781471296136_3321650539048992768_n.jpg

「過去を振り返らず、前向きに生きること!」は間違っている!?(終)
ーだから日本は戦争が出来るようになった。

先輩や友人だけではなく根本的に間違っている人が多い。「愚痴」と言う言葉を辞書で引けばこう書かれている。

「言っても仕方のないことをグダグダと言い続けること」

つまり「あの時、うまく言っていればなあ」「あいつのせいでダメになった」と言う恨みつらみや失望を語るのが愚痴である。原因を考え、次回に生かそうとするための反省や究明は愚痴ではない。そのように失敗を振り返ることを「愚痴」と決めつけ止める人が多い。

が、その日本人的習慣が酷い目に遭ったときにも発揮される。国民のためにならない法律が強行採決された。消費税がまた上がった時にも、文句を言わず従うのは愚痴を言っても仕方がない判断するからではないか?「愚痴を言わない」と言うのは支配者層に都合のいい表現なのだ。

話を戻す。だから僕は、よりよい映画を作るために、機会あるごとに過去に起きたトラブルを再分析し、反省し、同じ失敗を繰り返さないように反省する。そして次に活かす。そのことを学んだのはスピルバーグ監督からだ。

映画監督というのは傲慢な人が多く。自分は絶対に正しいと思い込んでいる。が、彼の映画を見ると以前の反省に立った演出がかなりある。完成後に問題点を分析して、「これはうまく行ってない。次はこうしよう!」とか考えていることが分かる。「1941」の失敗を「レイダース」で再挑戦。「レイダース」の失敗を「ET」で。同じ設定の中でチャレンジし、成功させている。

日本では「終わったことをいつまでも言っていても仕方ない。前に進もう!」というと、正しいと思われがち。だが、それは違う。何度でも反省して、問題点を把握することが大切。それをしないから日本という国自体が今、戦争と言う名の愚かな失敗を繰り返そうとしている。まさに「過去を振りからず前向きに進もう」としている。大事なのは反省と分析。過去の愚行は忘れないこと。前へ進むのは、それからなのだ。(了)(2014年の記事)


 「ドキュメンタリー沖縄戦」予告編=>https://youtu.be/sGFjWg0fo00

okinawaビジュアル.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「過去を振り返らず、前向きに生きること!」は間違っている!?③ 「人のせいにするな」と言う先輩 [MyOpinion]

11825614_871027912971514_6740257249980222481_n.jpg

「過去を振り返らず、前向きに生きること!」は間違っている!?③
「人のせいにするな」と言う先輩

もし、僕が「**君のせいで大失敗した。許せない〜」と言っているだけなら、先輩が指摘するように、愚痴だ。でも、***君がなぜ失敗したか?を分析し、その理由が努力不足か? 無責任か? それを分析し、誰に任せるべきだったか?と次の反省に繋げるならば、それは愚痴ではない。

先輩は「過去の失敗談」や「苦い話」を書くだけで「愚痴をいうな」といっているだけ。付け足すと先輩は「人のせいにするな!」とすぐにいう。

責任転嫁はいけないが、原因は誰にあったか?を客観的に分析し、なぜ、その人が問題を起こしたか?を理解し、それを防ぐために何かできなかったか?を考えることが必要。

だが、先輩は過去の失敗を話すと「愚痴をいうな」問題ある人物の話をすると「人のせいにするな」と怒り、話を終わらそうとする。先輩にしろ、「終わったことは忘れて前に進もう」と言う友人にしろ、意味をはき違えている。

失敗を反省すること。分析することは「愚痴」ではない。それをしないことは前向きというより、愚かなだけ。責任が誰にあるか?を明確にすることは「人のせいにすること」とは違う、同じ失敗を繰り返さないために大切なことだ。

8月が来る度にマスコミは「終戦記念特集」をするが、あれは「愚痴」だろうか? 二度と悲惨な戦争を繰り返さないために、当時の日本は何を間違い、なぜ戦争に参加し、どんな悲劇を起こしたか?を分析、反省するためのものだ。(つづく)(2014年の記事)




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「過去を振り返らず、前向きに生きること!」は間違っている!?② 前向きな友人が失敗続きの理由 [MyOpinion]

20070618662.jpg

「過去を振り返らず、前向きに生きること!」は間違っている!?②
前向きな友人が失敗続きの理由(2014年の記事)

「終わったことをいつまでも言っても仕方ない。前へ進もう」

とよく言う友人。一見、前向きながんばり屋のように思える。でも、実際は彼が目指したこと、志したことは何も実現していない。なぜか? 20年ほどの付き合いで分かった。

彼は「終わったことを言っても仕方ない!」と考えて「なぜ、失敗したのか?」「どこに問題があったのか?」は考えず。次のことを始めてしまうのだ。そして似たような理由で失敗。また、次のことを始めるのだ。

「終わったことを言っても仕方ない!」

というと、サッパリとしていて男らしいと思えるかもしれないが、彼の場合は「反省しない」「原因を調査しない」「問題を分析しない」ということ。学生時代から友人たちを見ていると

「愚痴っても仕方ない」「後悔しても何も変らない」

という奴に限って、同じ失敗を繰り返し、結局、目標を達成していない。だから僕は失敗したら、こう考える。

「原因は何か?」「誰に責任があるのか?」「その人をなぜ起用したのか?」「問題は彼の実力のなさか? 責任感のなさか? それとも家庭の事情か?」「僕自身に責任はないか?」「人を見る目が自分になかったのではないか?」「では、あの場ではどうすればよかったのか?」

関係者の状況を再確認し、僕自身がどう判断し、対応するべきだったか? あらゆるケースを考え直す。さらに、人だけでなく、予算、時間、天候、等の影響はないか? 何がどうすれば、問題を収拾し、乗り越えることができたか?を考える.....(つづく)



okinawaビジュアル.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「過去を振り返らず、前向きに生きること!」は間違っている!?① 「愚痴をブログに書くな!」と云う先輩< [MyOpinion]

42738307_2187496034658022_7707749413208195072_n.jpg


「過去を振り返らず、前向きに生きること!」は間違っている!?①
「愚痴をブログに書くな!」と云う先輩

業界の先輩から連絡が来た。

「太田! お前のFBを読んでいると、愚痴ばかり書いているが、もっと前向きに考えないと駄目だ!」

そんな指摘をされた。はあ?何? 「愚痴? どこが?」先輩の文章をよく読むと、過去の映画であった大変なエピソードや事件をFBで紹介したことを言っているようだ。

愚痴? 前向きに考えないと? 意味が分からない。しばらくして、やっと分かった。先輩は過去にあった悔しい事件や情けないできごとを語ることを「愚痴」と解釈しているのだ。だから

「いつまでもクヨクヨ悩んでいないで、過去のことはさっさと忘れて、前向きに生きろ」

といっているのだ。先輩以外にも似たようなことをいう友人はいる。

「終わったことをいつまでも言っていても仕方ない。前に進もう!」

一見、正しい意見のように思える。どうも日本にはそんな発想が正しいという思いがあるようだ。実際、歌謡曲でも「立ち止まるな 振り向くな」とか「Don't look back」とか似たような発想のものが多い。一般的に考えても、後ろ向きより、前向きの方が好感を持たれ、支持される。

「過去は忘れて前に進もう」

は正しいと思われる。「しかし、それは違う!」と昔から僕は思っている。過去を忘れて、前に進んでは行けない!(つづく)


okinawaビジュアル.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

どうすれば日本人が苦手な「考える力」が育つのか? =比較することで真実が見えてくる! [MyOpinion]

70353843_2976385455769072_2028381803995201536_n.jpg


どうすれば日本人が苦手な「考える力」が育つのか? =比較することで真実が見えてくる!

日本人は「考える力」が弱い。

マスコミが「トランプは最低の大統領だ」と報道するとすぐに乗せられて一緒になって批判する。トランプが何をしようとしているか?を考えたりせず「日本の総理と同じで最悪」と叫んでしまう。

その日本の総理に問題あることにさえ気づいてない人もいる。「総理頑張ってるよな。代わりはいないよな」と応援してしまう。考える力とは真実見抜く力、本質を知ること、プラスとマイナスを感知することにつながる。与えられたことをするのは得意だが、自主的に考え判断するのは日本人の苦手ところ。その手の教育が一切なく、ロボットサラリーマンを育てて来た結果である。

しかし、遅くない。

考える力を今からでも伸ばすことができる。比較することだ。例えば地方でNHKを見て読売新聞を読んでいる人はかなり絶望的。どちらも大本営発表だから。政府に都合のいい情報しか流さない。今の民放は政府を恐れて本当のことをなかなか言えないが、NHKを見るならテレビ朝日を見た方がいい。日テレ、フジはダメ。新聞なら朝日新聞、東京新聞(中日新聞)

67147954_2858738117533807_7909742279189856256_n.jpg

もちろん、それらが報道することが全て正しい訳ではないし、報道できないことも多い。それでも大本営発表よりはいい。そうすると、今までの報道とは違ったものがあることを感じるはずだ。

「あれ? NHKでは***は放送してないのに、こっちの局では報じている?なぜ?」

「東京新聞の一面は***なのに、Y新聞では後ろの方で小さな記事。なんで扱いが違うの?」

政府に都合いいニュースは大きく、

都合の悪いものは小さく。あるいは掲載しない。国民に知られたくないのだ。情報統制で自分らに都合のいい世論を作り出す。比較することでそれが分かる。

さらにネットだ。Facebookでもツイッターでもいい。毎日、読んでいて「いいこと言うな!」と言う人をフォローする。そして「こいつ許せねなあ」と言う人もフォローする。するとタイムラインに真逆の意見が流れる。ついでに「それなりの人」もフォローしよう。それらを比較すれば、いろんなんことが見えてくる。

比較すると人は「考える」ことを始める。

なぜ、この人は批判するのか? こちらはなぜ賛同なのか? 答えを知りたくて他の人の意見も読みたくなる。それを続けると考える力がついてくる。英語のスピードラーニングをするより、この方が人生にプラス。そこから「考える力」が育って行く。くれぐれもNHKとあの新聞のみ!と言うのはご用心。最悪の組み合わせでっせ!


okinawaビジュアル.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「令和」を生き残るために必要なのは「考える力」=原発や戦争に関心を持つことが早道? [MyOpinion]

1185346_510601702347472_1251825365_n-19309.jpg


「令和」を生き残るために必要なのは「考える力」=何か大きな事件に興味を持つことが早道?

日本人は子供の頃から与えられることばかりで、自分で考えることが少ない。教育でも「考える力」を育てない。でも、政府や学校、上司や親に言われた通りにしていれば無難な人生が送れた。それが、価値観が急激に変わる激動の令和という時代には、もう誰も道を示してくれない。自分で考えて行動するしかない。絶対に正しい道なんて存在しないからだ。では、どうすれば考える力。洞察力や判断力が育つのか? 

僕のFacebookを見ていても「橋下は嫌いです」「私は支持しません」とか小学生の落書きのようなコメントが時々入る。悪い人ではないが「考える力」が貧しい。教育のせいなので本人を責めることはしないが、なぜ、嫌いか?なぜ、支持しないか?を言葉で説明する力がない。そんなコメントを書き込むことで何になるのか? 考えていない。まさか僕が代わりに橋下に伝えるとは思っていないだろう。

それは「考える力」がないから、子供が「人参嫌い!」というのと大差ない。もし、その人たちが親なら子供たちに何を伝えるのだろう。令和以降も生きて行く子供たちに何を教えればいいのか?

自身を振り返って思うのは、原発事故に興味を持ったことでいろんなことを知ることができた。何度も詳しく書いたので省略するが、興味を持った時は勉強しよう!という何十倍も覚えられる。その意味で山本太郎とれいわ新選組の登場も大きい。多くの人が社会や政治に興味を持った。消費税は福祉に使われず、大企業の減税分の穴埋めに使われたこと。多くが知った。

山本太郎が指摘することを自分でも調べてみよう!と思ったはずだ。その種の人たちが僕のFacebook友達申請をしてくれたようだ。その一部が「嫌いです」「私は支持しません」というコメントくれるはず。この間まで考えることをしなかった人たちが考え始めた。橋下は嫌い、支持できない。でも、理由を言葉で説明できない。とりあえず太郎は信じるという段階。そこからスタートしている。それは素晴らしいこと。これからだ。

49829550_2389808657760091_4539692062919884800_n.jpg

何かに興味を持って欲しい。そこから多くを学べる。その意味で僕が監督した「ドキュメンタリー沖縄戦」も見て欲しい。沖縄戦の全貌が分かるだけでなく、戦争とは何か? 今に至る米軍の思惑。日本政府の発想は今も変わらないこと。さらには基地問題、原発問題、様々なことに繋がることが分かる。日本という国も問題点も数々浮かび上がる。今秋、沖縄で完成披露試写会がある。お近くの方はぜひ!

特報=> https://youtu.be/Wv5MK0fRauI


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

どうすれば「考える力」は育つのか? 考える人たちの背景を探ってみよう!=海外生活、ニューヨークの映画? 推理小説? [MyOpinion]

IMG_3197.JPG

どうすれば「考える力」は育つのか? 考える人たちの背景を探ってみよう!=海外生活、ニューヨークの映画? 推理小説?

「日本人は考える力がない」こと何度も書いている。だが、「考える力」がある人もそこそこいる。政府の企みを見抜き、批判、問題点を挙げ、それを伝える。ジャーナリストでなく、一般の人たち。テレビには出ないがワイドショーのコメンテーターより遥かに鋭い意見をツイートする。僕のFacebook友達にもその手の人が多数いる。特にコメントしてくれる人たちは鋭い方が多い。でも、日本の教育を受けていれば「考える力」は育たない。育ててくれない。それでも「考える力」を持つ人はいるのはなぜか?

まず、海外生活をすると考え始める。別の国に行けば嫌が上にも、日本とその国を比較することがあるからだ。あれこれ疑問を感じる。なぜ、日本と違うのか? どちらがいいのか? なぜ、違いが出たのか? そんな考える機会を持つ。ずっと日本にいると、そんな機会はない。世界の常識に反することでも、日本にいると気づかないことが多い。日本人は何かにつけ政府や企業に搾取されているが、当たり前だと思ってしまい、不満さえ持たない。(以前に記事にした)海外経験があれば、そこに気づき、日本社会を客観的に見れるようになる。「考える」きっかけが出来るのだ。

基本、日本人は優秀だ。考える力がないのではなく、考える作業をする教育をされてないだけ。何かきっかけがあれば「考える力」が育ってくる。例えば映画は全てを与えてくるものが多い。特にハリウッド映画。あまり考える力がなくても分かるように作られている。高校時代の同級生でもその手の映画が好きな奴は「考える力」が低かった。

同じアメリカでもニューヨーク派は考えなければならない作品がある。ウッディ・アレン、マーティン・スコッセシ、オリバーストーンらが監督した作品はただ、ボーと見ているだけでは分からない。なので、その手の監督が好きという映画ファンは結構、考えている奴が多い。

映画監督業をやっている僕がいうのも変だが、本を読んでいる人は考える力がある。あれこれ考えながら読まないといけないからだ。説明される情景を思い浮かべ、主人公はどんな顔をしているのか? どんな声なのか?を想像しながら読む。それが考えるということ。特に推理小説が好きな友人には「考える」奴が多かった。「犯人は誰だ?」「動機は何か?」「アリバイは成立するのか?」多角的に物事を見る。テレビの2時間ドラマと違い頭を使う。

マスコミ&広告関係の仕事をする人も「考える」。「この事件はどう切りこむことで伝わるか?」「この製品の良さを伝えるにはどうすればいいか?」とか考えるからだ。相手の立場になり、いろんな方向から考える。学生時代は何も考えなくても、仕事上で考えることを強要される。ジャーナリストや代理店に鋭い人が多いのは、そんな環境であれこれ「考える力」が磨かれるからだ。

ただ、会社や役所に入ると、学校教育で学んだ通りに与えられたことを教えられた方法論でこなすという仕事が待っている。まさにそのための教育なのだが、「考える力」は育たないまま年老いて行く。日常生活で困ることはない。ただ、政府や企業に誘導され、操られていることにも気づかない。搾取にあっていることも知らずに過ごす。こう考えると機会があれば「考える力」は育つということ。その方法について別の機会に考えよう。


69948932_2979017495505868_4069159609456132096_n-1.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

映画で悲しみを見つめることで、人は大切なことに気づく? [MyOpinion]

49829550_2389808657760091_4539692062919884800_n.jpg

映画で悲しみを見つめることで、人は大切なことに気づく?

映画の役割って何だろう? 日常生活では経験できない、ハラハラドキドキできる。感動で涙が止まらない。大笑いして嫌なことを忘れる。いろんな役割がある。「悲しみを伝える」というのもあるだろう。最愛の人を失った悲しみ。時代に翻弄される悲しみ。夢破れた悲しみ。病に犯される悲しみ。災害に巻き込まれる悲しみ。映画を見ることで様々な悲しみと向かい合う。

映画を通じて悲痛な体験をすることで、いろんな現実を知る。悲しみと対峙する人の気持ちを知る。その姿勢に応援される。悲しみとは出会わないことが大事だが、起こってしまった悲しみを見つめることで人はいろんなことを学ぶ。友人の死によって、家族の死によって、生きて行く意味を知る。

悲しみと対峙する時、人は「どう生きるべきか?」「本当に大切なものは何か?」を考える。映画の役割はそこにもあるはずだ。「朝日のあたる家」では原発事故を描いた。福島の人たちがどんな思いでいるか? 少しでも伝えたかった。故郷を失った人たちの悲しみ、体を蝕まれる子供達、そして政府や企業のあり方を考える。新聞やテレビでは分からないものが映画では伝わる。

今回は「沖縄戦」だ。74年前に日本で唯一の地上戦となった沖縄。そこで行われたのは戦闘だけではない。教科書には書かれていない理不尽と、苦しみと、葛藤、そして絶望。なぜ、沖縄の人たちはあんな目に遭わなければならなかったのか? それだけではない。そこから見えてくる様々なもの。政府のあり方。軍というもの。アメリカの思惑。全てが現在につながる。

そして何より戦争とはカッコいいものではない。地獄という言葉では弱い、殺戮の連続。そこには正義も愛も存在しないこと。沖縄戦を見つめると戦争とは何か?が分かってくる。だから「沖縄戦」という「最悪の悲しみ」を見つめてほしい。「ドキュメンタリー沖縄戦 知られざる悲しみの記憶」は本年中に沖縄で完成披露試写会をすべく準備が進んでいる。日時は決まり次第に発表。乞うご期待。

特報=> https://youtu.be/Wv5MK0fRauI


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

3S政策で日本人は完全に洗脳=政府の思う壺!=「Sports」「Song」「SEX 」? [MyOpinion]

IMG_3942.JPG

3S政策で日本人は完全に洗脳=政府の思う壺!=「Sports」「Song」「SEX 」?

教育とテレビが日本人の「考える力」を育てず、支配者層が誘導しやすい従順な国民に育てたこと。前回までに書いた。ここで気づくのが「3S政策」だ。「Sports」「Song」「SEX 」の3つのSに国民の関心を持って行き、政治に興味を持たせないようにする政策だ。これは戦後にGHQが考案。日本政府に実施させたと聞くが、多分そうだと思える。それが見事に成功し、日本人の多くはその3つに夢中になり、政治は2の次、3の次になった。

参議院選挙より野球の結果!「巨人は今日の試合で勝てたのか?」おじさんたちの興味はそちら。憲法改正の議論より、人気歌手のアルバム発売。「あのバンドは今回もヒットチャートで1位になれるか?」若者の関心はそっち。特定秘密保護法より、人気女優の不倫。「あの女優本当に二股かけたの?」とワイドショーに主婦は釘付け。昭和、平成、そして令和とそんな光景が溢れた。

先に記事にした「考える力を育てない教育」「テレビで考えない大人にする」そして「3S政策」で政治に関心を持たせない。これで日本人は何も考えない。3Sに飛びつく。政治には興味がない大人ばかりになる。それで得するのは誰か? 政治家たちだ。不正をしようが、汚方法で金儲けをしようが、国民は気づかない。自分たちを支持し政治家生命を維持してくれる大企業のために働く。

国民は簡単に誘導できる。企業様が困れば減税。その穴埋めに消費税アップ。「福祉のため」といえば国民は納得。その福祉予算を削っても気づかれない。やりたい放題。そう、このために教育とテレビ。そして「3S政策」を実施して来たのだ。だが、そもそもはGHQだ。彼らは何の目的で?と思うがそれは別の機会に推理する。今回、伝えたいのは、日本という国は戦後、長い年月をかけて与えられたことは確実にこなす優秀な人材を育成。

でも、考える力を育むことはせず、誘導しやすい、反抗しない、疑問を持たない国民を育成して来た。その挙句の果てが、今のやりたい放題、国民無視、踏みつけ放題の政権を誕生させたのだ。国民のためではなく自分たちの利益のためだけの政治家たち。犯罪行為さえも隠蔽してしまう。それに気づいたのは一部の国民。でも、多くは何もしようとしない。まさに教育が行き届いた結果だと思える。さあ、どうする?



69948932_2979017495505868_4069159609456132096_n-1.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画