So-net無料ブログ作成

選挙に行かない人たちの思考回路はこうだ。=自民を嫌っているのに結果、政権を支えている?(前編) [MyOpinion]

45052713_2246809972059961_6031509628464922624_n.jpg

選挙に行かない人たちの思考回路はこうだ。
=自民を嫌っているのに結果、政権を支えている?(前編)

この何年も選挙に行く人は有権者の約50%。2人に1人しか選挙に行かない。現在、政権を取る自民党は全有権者の20%の票しか得ていない。10人中2人の支持しかないのに政権を運営しているのだ。その自民は非常に評判が悪い。悪いと言うのを超えて危険な存在になっている。このままでは日本を破滅に追い込んでしまうこと。前回書いた。にも関わらず50%前後の人は選挙に行こうとしない。

政治に興味がない人もいるだろう。だが、多くは生活や社会に不満を持っている。「自民に任されば大丈夫」と思っている人は少ないだろう。にも関わらず投票に行かない。多くの発想は「どうせ俺が投票しても変わらない」「投票したい党がない」と言うことだ。結論から言うと、そんなことを言っている人たちは「考える力」の欠如が考えられる。バカというのではない。何なのか?その辺を解説していく。

「投票したい党がない」と言う人が多い。だが、これはAKBの選挙なら「好みの子がいない」でも構わない。だが、議員の選挙は政治を任せる人を選ぶもの。自分たちの生活に直接関わる。単に物価や福祉だけのことではなく、原発問題、戦争にも関わる問題。あなたの子供が近い将来、徴兵され戦争に行かされることもあり得る。

あるいは大きな地震が起こり、再び原発事故が起きて故郷を追われる。あるいは福島以上の惨事となり、何万人もが死亡。その一帯、いや、その県が何万年も住めない地区になる可能性もある。

下手すれば日本が全滅ということも原発事故であり得る。その原発を今も推進する党に対して「自民はダメだが、投票したい党がない」というのはどういう思考回路なのだろう。これは「考える力」が弱いということ。

「自民は許せない」=>「原発も良くない」=>「でも、野党には政権を任せられる党がない」=>「どれもダメだ」=「だから選挙には行かない」

こういう思考をしている。ここで終わり。だが、この後を考えてみよう。

だから選挙に行かない=>また自民が勝つ=>自民が与党になる=>原発を推進する=>事故が起こる=>国民が犠牲になる。

この展開が予想できる。なのに、それを考える人が少ない。もし、考えたとしても、間違った結論を出してしまう。次回、説明する。(続く)


沖縄戦V.jpg
nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 1

早田快人

随分経ってからのコメントで失礼します。

「好きな政党」に投票ではなく、「嫌いな政党」を勝たせないためには、どこに入れたらいいか? という ”戦略的投票” の発想がもっと広がれば、と思ってます。「投票したい政党」という発想は、”ベスト” を求めているわけですが、

ベターで妥協すべきが選挙・・・という発想も必要ですね。
少なくとも、ワーストを避ける!チャンス。

ふと思いましたが「投票しても何も変わらない」のではなくて、
現状は、すでに「悪い方へどんどん変わっていってる!」ものを、止めるチャンスが選挙なのですよね。

問題は、悪い方へ変わっていってることに気づかないこと。
自覚症状のないガンのごとく。

何故気づかないかと言えば、自分の周囲、半径20mのことしか関心がないため・・・役者志望と言いながら、やはり半径20mの自分の周囲のことしか興味のないのが多いですが、そういうのは、アマチュア活動以上のことは無理ですね。社会や人間を描いた台本を読みこなせません。雰囲気だけしか演じられない。

と、話がそれましたが、思うに、世の中、95%の人たちがそういう人である気がします(残念なことに)。戦争とか、原発とか、”とりあえず” 今の自分の日常には影響ない。影響がないから関心もない。

影響が出た時には手遅れ!なのに。
ガンで自覚症状が出た時と同じく・・・二―メラー牧師の告白。

気づいている5%の人たちは、孤独と闘いながら、ガンの進行を訴えていく。気づけよ!危ないぞ!命にかかわるんだぞ!と。

意識高い系を装っている25歳の女の子(?)が「私が社会のことで興味があるのはAIなんです。」だから、戦争のことは私には関係ないんです、と言いたいがために私にそう言いました。

あのねぇ、君が言ってることは、ガンが発症して進行していく時に「病気には興味がないから医者には行かないんです。」って言ってるのと同じなんだよ、と私。「興味の問題ではないの。私だって、できれば戦争の話なんかより、映画や音楽の話をしていたい。本当に!」

君と僕の違いは気づいてるか、気づいてないか。どっちにしても
今、この国は、戦争への道、というガンを発症してるんだよ。
止めないと、命に関わるんだよ。

と、説明してはみましたが・・・果たして彼女の脳内やいかに。

長くなってすみませんでした(しかもすっきりしないEND)。
by 早田快人 (2019-07-17 08:35) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。